強行2泊3日登山!2

さて、2泊3日登山の続きですぅ

やっとの思いで(いつもだけど)念願の槍ヶ岳に到着し
テントを張るんだけど ここのテント場30張りしかできないみたいで
到着が遅いと 2,30分かけて更に下に降り 殺生ヒュッテまで
行かねばならぬぅ しかも登りは40分(大汗)

それでも私たちは早くに到着できたので 良い場所をGETすることが
できました。 テントを張り終え ここで昼食~~

IMGP48180136.jpg

悩んだ挙句 友人が注文したのは ラーメン
醤油味でさっぱりとね

私は久しぶりの 素うどん~~

IMGP48190136.jpg

うどん食べるの久しぶりぃぃ だしが効いてて美味しいうどんでございました。

さてさて、10時30分に到着した私たち お昼食べても 時間が有り余る
ビールでも飲めれば 知らない人同士でも盛り上がれるんだろうけどね~

ここで友人 さぁ!槍ヶ岳頂上目指そうかと・・・・・

私はもう槍ヶ岳小屋ではあるけれど もうここで十分なんですけどぉ

ここまで来て小屋止まりじゃ意味ないでしょ!!!と言われ
嫌がる私を引っ張って 槍の頂上へ~~~~

IMGP48210136.jpg

下から見るとすんごい迫力!!!!!!!!!!

しかも断崖絶壁!!!!!!!! 大概のことはやってしまう私だけど
これはぁ・・・・

そんな心配をしてる私に子供でもおばさんでも登るんだからね~なんて言われつつ

登り始めから結構険しい崖が待ち構えますぅ~~

IMGP48220136.jpg

この細い岩に慎重に足をかけながら進んでいくんだけど
少しでも足を外すと・・・・終わりかも

IMGP48230136.jpg

そんな中、私たちの前を行くおばさんチームは足のかける場所が判らなくて
なかなか進めず苦労してました。

しかも、待っているおじさんの足場はここだけ

IMGP48240136.jpg

バランス崩したら もう・・・って感じですよね

IMGP48250136.jpg

友人は余裕?かどうかは判らないけれど 私よりかは確実に余裕の顔してました。

槍途中から見下ろす 槍ヶ岳山荘

IMGP48280136.jpg

下から 風がひゅるるぅ~~~と吹きます。
これが怖さを倍増させるのよねぇ

とってもとっても緊張しながら登ってる私だったけど
ハシゴ手前の直立する崖で何処に足やら手やらかけていいか判らず
凄く怖くなったし 焦ってしまった私でした。

だってさぁ まさにロッククライミングやってるようなもんだよ!
大げさって思う人もいるかもしれないけれど
私にとってはそれくらい怖かったもん

IMGP48310136.jpg

それでもなんとか直立する崖をやり過ごし やっとの思いで
最後のはしごまで辿りつき ここまで登るのに時間がかかったなぁ

槍ヶ岳に登る人が多すぎて 崖の上で大渋滞(大汗)

上へ上がるのに崖途中で待たされるんですぅぅ
これも、怖さ倍増ね

IMGP48320136.jpg

でも、槍ヶ岳より高い山は近くになくまさに絶景でした。

友人と念願の槍ヶ岳頂上に到着~~~

記念撮影するのにも待ち渋滞が起きています
頂上は狭いので大きなリアクションもできないし 人数が限られているので
動きは最小限に

IMGP48370136.jpg

ふぃ~~ やっと頂上で記念撮影できました。

登ってくる人は 「はぁぁぁ~~~怖かったぁぁぁ」とまずは一言(笑)
やっぱり皆怖いのね

友人はあまり怖くないそうで 「アルプスいちまぁんじゃぁくぅ~」
小槍の上でぇ~なんて 踊れないよね~ なんて笑ってましたけど
ふざけて 小さく踊ってました。(爆)

IMGP48420136.jpg

槍ヶ岳の向こうに小槍はあります。 もうここまで登ったから小槍は勘弁

さて、頂上を満喫した私たち 大渋滞が起きているので(登りも下りも)
下りが進み次第降ります~

IMGP48440136.jpg

これ、友人ですけど 決してへっぴり腰じゃありません~(笑)
クサリを掴みながら 下山してるんですぅ

私、登りはすんごく怖かったんですけど 下りは割と平気
クサリを持ちながら 崖から体を離して するぅ~と降りる方が私は楽だった。

IMGP48450136.jpg

左に見えるのが小槍です。

IMGP48480136.jpg

無事、槍ヶ岳を制覇し 笑顔で記念撮影 パチリ

槍に登るのに凄くエネルギーを使ったであろう 初老の体にはやっぱり甘いものを

IMGP48490136.jpg

ちょっと溶けてた(汗) しかも甘過ぎ 2口くらいでごちそうさまぁ~(爆)

後はのんびり テント場で廻りをぼや~っと眺めつつ コーヒーブレイクにゃん

IMGP48530136.jpg

こんな狭い場所にテント張るんだもんねぇ そりゃ30も張れれば十分ねぇ

テント場を通り抜け皆さん、かなりの疲労感が伝わってくる登山客の人たち

IMGP48520136.jpg

この人たちは・・・9,10時間くらいかけて登ってくるんですぅ(怖)
本当にお疲れ様だよね
最初、友人は1泊2日でこのコースを考えていたらしい・・・

一気に登るのはとっても体力がいるし おまけに気持ちに余裕がないとね・・・
疲れがあまりにも溜まり過ぎても山を楽しめないしねぇ

とりあえず長いけど2泊3日で良かったにゃん

そんな長いコースを歩ききった登山客の方々 あっぱれです!

登ってくる人たちにがんばれ~~って声かけてました。

この日、新穂高で滑落した人がいたみたいですね。
命は助かったみたいですけど・・・ヘリコプターが飛んでいましたから・・・
荷物でもあげてるのかな~って思ってましたけど
向こうの山ではそんなことがあったんですねぇ
槍ヶ岳でも結構 凄い山ですから 滑落する人もいるんでしょうね。
何にせよ 油断は禁物です。

そんなことをしてると夕飯時間に(笑)
お昼にうどんやらラーメンやら食べたのでそんなにお腹空いてないけど
少しでもリュックの中身を減らす&エネルギー確保などもあり

食べることに

途中のコンビニで買った 美味しそうなベーコン缶と

IMGP48550136.jpg


IMGP48560136.jpg

トマトパスタ~

IMGP48570136.jpg

お水を鍋に入れて 水分が無くなるまで ぐつぐつと・・・・

IMGP48610136.jpg

少し水を多く入れてしまったので 水分は残ってましたけど
トマトソース感覚で飲めるのでかえってこのほうが良いのかもぉ

IMGP48620136.jpg

ベーコン缶は火にかけて

IMGP48640136.jpg

熱々のベーコンを頂き おいしい~~~

トマトパスタもベーコンも美味しく頂きました。
このパスタシリーズ 結構イケるんです。山でなくても十分な美味しさですよ~
一度、お試しあれ

夕飯も食べ終わり 歯磨きして メイク落としして・・・
後はテントでのんびりと(笑)

ここのテント場 標高が高いので~ 雲海の上でございますぅ。

IMGP48650136.jpg

テント場をうろうろしてたら 登山客が夕陽を見ようと皆さん集まってきました。

IMGP48680136.jpg

夕陽の上にひこうき雲~

IMGP48910136.jpg

皆さん、カメラ構えて ビシバシ撮ってますねぇ

IMGP49020136.jpg

あ~ もうすぐ沈んじゃう~

IMGP49030136.jpg

IMGP49040136.jpg

夕陽が落ちるのってあっという間ですよね。
しかも山は太陽がないと凄く寒いですからぁ

IMGP49050136.jpg

夕陽が落ちた後はこんな感じに

外は寒いので私たちはテントにこもりますぅ(笑)

いつもならまだまだ寝る時間ではないけれど 山は朝が早いから早く寝ないとね~
体力温存ですな

・・・・・・やっぱり眠れず テント外を見てみると!

満天の星がぁ~~

IMGP49070136.jpg

(大爆) 写真撮ったけど 写らなかった
そこまで性能良くないからかねぇ…(汗)
皆さんに あの星空をお見せできないのは残念極まりないですけど(涙)


輝く星空を満喫した私たち 今度こそ就寝ですぅ

・・・・・・・・・しかし 風が強く吹いてるみたいで 隣のお兄さんたちの
テントがバタバタうるさい よく見る普通の山テントとはちょっと違うテント

隙間が多くてっていうか 殆ど外に近い状態のテント・・・・
だって 中が丸見えなんですもの(爆) 寝袋も頭部分は外に出てるしぃ
寒くないんだろうか??? いくら夏山といえども 山の夜は気温がぐっと下がるので
危険ですぅ。 夕方はダウン必須くらいの寒さですからぁ

開いてるからバタバタ音も大きく

殆ど眠れず夜が明けた  4時頃・・・・(涙)

当然、寝不足で気分は悪く とうとうリバースしてしまったにゃん(汗)
でも、食べ物は消化され 胃液しかでないぃぃ

登山最終日も最悪の体調の悪さで出発ぅ

IMGP49130136_20130806002222654.jpg

最初の下山は緩やかなカーブのある道を降りていきます

IMGP49140136.jpg

IMGP49150136.jpg

見てるだけなら綺麗なんですけど(笑)
これを延々と降りるのはキツイですよね~
でも、景色は綺麗です。

この道をずぅ~っと3時間くらいは下っていきます。
しかし、ずっとなだらかな道は登山ではあり得ません(苦笑)
当然、岩もゴツゴツしてて歩きにくいったら

最初の休憩ポイントまで3時間のコースタイムだけど
早くに休憩地まで行きたかった友人 凄い早さで降りていきますぅ
まるで半分走ってる状態?な私たち 私も追いつこうと(笑)
走ってました。 あ~疲れた

走った甲斐もあってか 2時間くらいで到着~~
しかし、友人無理しすぎたのか 顔色が優れず 朝ごはんも食べてないので
ここでお昼~
小雨も降ってるから友人は寒いらしい 最後まで合羽を脱がずじまいで

お昼はパンと鶏だんごスープで パンは半分こ

IMGP49160136.jpg

後で思ったんだけど・・・よくこんな少ない量で登山したよね~って
今でも思いますぅ

寒い&疲労感で長く休憩した私たち 45分くらい休憩したところで再出発です

相変わらず小雨も降ってる中での下山はムシムシしてるし岩が雨で滑るしぃ
嫌よねぇ

IMGP49180136.jpg

こんな沢も歩かなけりゃならないしぃ

くたくたに痛くなりきった足を引きずりつつ 7時間のなが~~い道のりを下山しました。
流石に2泊3日歩き続けるのは大変ですぅ
よく歩いたなと自分でも思います。

最後の平坦なこれまたなが~~い道を1時間30分も最後に歩きます。

あまりにも足が痛いので 頑張って歩いても おじさんやおばさんに
抜かされます(爆) これ、自分の中で敗北感が漂ってますぅ

登山は競争じゃないですけど それでも平坦な道で抜かされるのはねぇ・・・(汗)

敗北感に包まれ下山した私たち あ~~終わったぁぁぁ

でも・・・駐車場までこれまた20分くらい歩くんです。(涙)
しかも前日に熊が出没したみたいで! 行きのときのように近道はできず(汗)
思いっきり遠回りをしなきゃいけないみたいで(大粒涙)

遠回りしたら確実に40分くらいはかかるから・・・・
怖かったけど 熊出没!通り抜け禁止とヒモが張ってあったけど・・・

行ってしまいました。(爆)
だって足が痛くって 遠回りしたくなかったんだもん

熊は大きな音や声が嫌いだそうで 「あおあお~~」と意味不明の声を出して
歩いてやっと駐車場に到着ぅ。

ここまで引っ張ってますけどぉ
続きは次回に持ち越しです~~~








スポンサーサイト

COMMENT 2

なめこ  2013, 08. 06 [Tue] 09:37

こんにちは~(*^^*)なめこです
ひぇ~(゜ロ゜;断崖絶壁が渋滞なんて(@ ̄□ ̄@;)!!
韓国でも登山ブームで日本で登山するツアーが人気とかテレビで言ってました。

しかし、過酷な2泊3日だぁ(°▽°)わが家には真似できん(*≧∀≦*)

素晴らしい絶景写真見せていただきました。

Edit | Reply | 

さくら  2013, 08. 06 [Tue] 10:36

おはよ~ なめこさん

崖の上で渋滞はキツイですよ~
海外の方もたくさん登ってましたよ
槍ヶ岳は有名なので国際色豊かでしたね
私にとってもかなり過酷な2泊3日でした。
しばらく山はいやぁ~~って感じですね(笑)
筋肉痛がひどくて 歩くのもままならないぃ

Edit | Reply |